kalkan(カルカン)のキャットフードにプラスチック片の異物混入が見つかる

社会         


アメリカ合衆国の大手食品会社「マース」の日本法人「マース ジャパン リミテッド」のキャットフード・kalkan(カルカン)の商品から異物混入が見つかった。

混入したプラスチック片と問題のキャットフード

スポンサードリンク

kalkan(カルカン)のキャットフードに異物混入→社員「明日にでも早速上司に報告します」

異物混入の報告が上がったのは、kalkanのシニア猫用フードでパウチタイプ・(8歳から)しらす入りまぐろ。内容量70g、原産国タイ。

このキャットフードの中から大きなプラスチック片が見つかったという。

幸い、猫に与える前に気づいたため大事には至らなかったが、もし食べさせていたら開腹手術になる可能性があったとのこと。

すでにお客様相談室に電話済みだが、平日しかやっていないとのことで改めて月曜日に連絡するとしている。

ツイートは2万以上リツイートされ、猫を心配する声が殺到。その中には同社の社員とみられるツイッターもおり、「明日にでも早速上司に報告します」と返信していた。

まともな会社であれば今後、対象ロットの全商品回収など公式サイトで発表されると思われる。

問題のキャットフード(kalkan公式サイトから)

スポンサードリンク



follow us in feedly
 

オススメ記事