性の悦びおじさんが東急田園都市線で亡くなったのは本当? 嘘? 検証してみた結果・・・

         


3月11日正午過ぎ、東京・世田谷区の東急田園都市線上りの車内で男性が暴れたため、桜新町駅のホームで取り押さえたところ突然、意識を失いその後、死亡したとTBSが報じた。

TBSによると、男性は50代とみられ、車内で大声を出した後、注意した男性に暴行したという。

事件前、同線の車内では性の悦びおじさんこと岩下竜二(55)が目撃されており、男性は50代ということもあり、亡くなったのは彼ではないかとネット上で噂されている。

亡くなったのは本当に性の悦びおじさんだったのだろうか。この記事で検証していこうと思う。

東急田園都市線の車内。11日午後12時16分投稿



事件当時、現場に居合わせたツイッター民。ツイートは11日午後12時22分から始まっており、暴行から取り押さえられるところまでTBSの報道と一致している。

つまり、亡くなったのは性の悦びおじさんで間違いない。そう思われたが、これを否定する証言が続々と投稿されている。

▼取り押さえられた男性の写真が拡散

ツイッターで拡散されている写真。投稿・撮影時期は不明。

しかし、どう見ても取り押さえられている男性は50代ではない。

そもそも、この画像はボケて(bokete)に2年前ほどに投稿された写真である。

したがって、デマ確定。本物の写真は以下となっている。

▼当日夕方、性の悦びおじさんとの3ショット写真が投稿

この写真は11日午後4時過ぎに投稿されたが、撮影時期は不明。その後、投稿者は写真を削除してツイッターを非公開にしている。

本当に同時期に撮影した写真なら生存の証拠となるため、削除しないはず。消したのは、事件前に撮影した写真とバレたからとみられる。

騒動を利用して注目を浴びようとしたと思われるが、炎上を恐れてツイッターを非公開にしたといったところだろう。

▼事件翌日、性の悦びおじさんが1人でいる写真が投稿

この写真は12日午後8時すぎに投稿されたが、こちらも撮影時期は不明。

しかし、ほかのツイッターが現場を訪れて確認したところ、写真と落書きが違うと指摘。撮影時は時計を写しており、嘘でないことは明らかだ。

つまり、(@billy_3251)は過去の写真を今日撮影したと誤解させる投稿をしている。



事件翌日、性の悦びおじさんの関連キーワードが複数書かれた新聞が発行される

本名は出ていないが、住まいと噂されている「杉並区」、常々叫んでいる「ひわいな言葉」と性の悦びおじさんの関連キーワードがみられた。

最初に紹介したツイッターとTBS報道の一致、新聞に出てきた複数の関連キーワードなど死亡説が強まる中、否定の証言はいずれも嘘が発覚した。

したがって、東急田園都市線で亡くなったのは性の悦びおじさんでほぼ確定とみていいだろう。

このような最後を迎えるとは本人も思わなかっただろう。取り押さえた人は罪悪感を感じていそうだ。




follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事