【任天堂スイッチ】説明書→サポートサイト移行に賛否 「大変ありがたい」「読むの好きなのに残念」

エンタメ         



任天堂の新型ゲーム機「任天堂スイッチ」は説明書が廃止され、同社サポートサイトにて、同製品の使い方を確認する形式となった。

最近のユーザーは説明書を読まない人が多いため、電子化の移行は好評。これにより資源削減にもつながるのもグッド。

しかし、説明書ならではの楽しみが奪われてしまい、落胆の声も上がっている。

スポンサードリンク

ゲーム前に説明書のストーリーや登場人物、操作方法など読んで心躍ることができなくなったのは寂しいとの声も上がっているが、これも時代だろう。

出展:https://twitter.com/Azritecore

出展:https://twitter.com/k_mizurina

任天堂スイッチは説明書代わりにセットアップの説明書きやサポートサイトのQRコード、セーフティーガイドが付属。

一方、専用ソフトには説明書きはもちろん、紙類も一切入っていない。さらにソフトが小さい反面、パッケージは大きいという無駄も生まれている。

スポンサードリンク

任天堂スイッチの前継機「Wii U」にはめちゃくちゃ説明書が入っていた!?

出展:http://d.hatena.ne.jp/wapa/touch/searchdiary?word=*%5B%A5%B2%A1%BC%A5%E0%5D&of=210

出展:http://zassiha.blog.fc2.com/blog-entry-699.html

こんなにあった説明書の山が任天堂スイッチでは一切なくなってしまった。

廃止されたのは寂しいという声もわかるが、これだけの数を全て読んだ人はほとんどいなかったと思われる。

そう考えると、電子化は時代に合っていると言える。今は戸惑いがあるかもしれないが、時期に慣れるだろう。

【関連記事】

【ニンテンドースイッチ】ソフトが苦いことで悪用も 「○○が舐めたといって・・・」

【ニンテンドースイッチ】スーパーボンバーマンRの遅延が致命的 「爆弾の位置がズレる」「置きたい場所に置けない」など複数の不具合が見つかる

ニンテンドースイッチの当日販売購入は余裕? アキバの行列で20人

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事