【ニンテンドースイッチ】ソフトが苦いことで悪用も 「○○が舐めたといって・・・」

エンタメ         


ニンテンドースイッチ専用ソフトは安息香酸デナトニウムと呼ばれる化学物質が使われている。

人体に害はないが、舐めると絶するほど苦く、最も苦い物質として登録されているという。

しかし、そんなのお構いなしにソフトを舐める人が殺到。その感想はツイッター上に続々と上がり、動画も上がった。

味見された可能性を考えると、まともなユーザーは転売や中古を欲しがらず、店頭などで新品ソフトを購入するため売上倍増にもつながる。

一方、苦いことが悪用される可能性もでてきた。これによりあくどい商売が成り立つほどである。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチのソフトが苦いことを利用して若い女性を名乗り、実際はおっさんが舐めたものを出品。ネットで拾った美少女写真を掲載するとより効果的だ。

一部のマニアには新品以上の価値となるため、これをヤフオク・メルカリに出すことで大儲けが可能。誤飲や転売、中古対策に採用した苦味がこんなことに利用されるなんて任天堂は夢にも思わなかっただろう。

すでにヤフオク・メルカリではニンテンドースイッチとそのソフトが大量出品されている。各出品ページは確認していないが、賢い人はもうやっているかもしれない。

本当に美少女が舐めたものであればまだしも、そんなことはまずないため購入しないほうがいいだろう。

ツイッター上でニンテンドースイッチの在庫状況を調べてみると、各地でまだ残っているとの報告が相次いでいる。

さらに、マイニンテンドーストアで在庫が大量復活しており、今から注文すれば17日までに届くという。

【関連記事】

【ニンテンドースイッチ】スーパーボンバーマンRの遅延が致命的 「爆弾の位置がズレる」「置きたい場所に置けない」など複数の不具合が見つかる

ニンテンドースイッチの当日販売購入は余裕? アキバの行列で20人

スポンサードリンク



follow us in feedly
 

オススメ記事