【ニンテンドースイッチ】スーパーボンバーマンRの遅延が致命的 「爆弾の位置がズレる」「置きたい場所に置けない」など複数の不具合が見つかる

エンタメ         


ニンテンドースイッチ用ゲームソフト「スーパーボンバーマンR」の遅延をYoutuber・瀬戸弘司が報告。ほか、複数の不具合がツイッター上に上がった。

この遅延を受けて、スーパーボンバーマンRの購入を見送る声も上がっており、アップデートでの修正が必要不可欠となっている。

スポンサードリンク

スーパーボンバーマンRの遅延は、オフラインのストーリーモードとオンラインのバトルモード両方で発生。爆弾を置く位置がズレるほか、置きたい場所にボムが置けない、曲がろうとするとブロックにぶつかるなど報告されている。

この遅延について、公式サイトは「コントローラーの操作に遅延(ラグ)」のエントリーで以下の記載をしている。

SUPER BOMBERMAN R のバトルでは、コントローラーは、Nintendo Switch™本体に直接繋げる「携帯モード」または「Joy-Con™の横持ち」を推奨しております。

Joy-Con™2本持ち、Joy-Con™グリップを使用時に操作に遅延(ラグ)を感じたら、携帯モードやJoy-Con™の横持ちへの変更をためしてみてください。

 

現在、遅延が報告されているソフトはスーパーボンバーマンRのみ。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」では遅延はみられてないという。

▼追記。公式側も遅延を確認したとのこと

【関連記事】

ニンテンドースイッチの当日販売購入は余裕? アキバの行列で20人

スポンサードリンク



follow us in feedly
 

オススメ記事