仮面女子・神谷えりなのブログの脅迫コメントは自作自演? 会見で売名疑惑も・・・

         


地下アイドルグループ「仮面女子」、神谷えりなのブログに寄せられた脅迫コメントは自作自演ではないかとツイッター上で指摘が挙がった。

さらに、グループのポスターが貼られた部屋で本人自ら会見を開いたことで売名疑惑も浮上している。



ブログに脅迫コメントされた仮面女子の神谷えりな、ポスター部屋で会見開き売名疑惑が浮上

仮面女子・神谷えりなのブログに寄せられた脅迫コメントは、先月24日午後6時すぎに投稿された「2位でした!」のエントリーに書き込まれていた。

JOKERはアメーバアカウントを削除したか、非会員でコメントしたのかは不明だが、プロフィールなど確認できず。さらに、匿名ツール「tor」を使用しているため、警察の特定が困難となっている。

そうした中で、6日に会見を開き、一日でも早い犯人の逮捕や法整備の必要性を訴えるとともに今後も芸能活動は続けていくと明言した。

一見、JOKER()というイカれた中二病に脅迫された被害者と思われるが、本人自ら会見を開いたことで一部ツイッターは神谷えりなの売名ではないかとの書き込みをしている。

殺害予告、女が書いた様な文なだし会見の様子を見ると自作自演の売名だと思ってしまうよね

果たして会見する意味はあったのか?会見なんて犯人を煽るだけな気もするし売名と思われても仕方ない

こんなポスター貼りまくりの部屋で会見されたら誰だって売名だと思うだろ、ファン以外は。

無名アイドルが殺害予告で会見なんて開いても、売名としか捉えられないよ

会見部屋には仮面女子のポスターや壁紙、その他グッズなどが展示されており、売名疑惑を強めている。

また、神谷えりなツイッターの「いいね」を見てみると、今回の事件に関する書き込みを大量にいいねしていて、中には自作自演や自演、売名といったキーワードを含むツイートもみられており、「特定の言葉にいいねするツールでもあるのか?」と疑問も挙がった。

神谷えりなについて、上記のコメント含め「無名アイドル」との書き込みが溢れているが、彼女のツイッターフォロワーは約85万人、フェイスブックのいいねは140万を超えており、数字は有名人クラスである。

しかし、SNSの数字は業者やツールなど使えば機械的に増やすことが可能。数字の割に知名度が低いとなると、これらの使用疑惑もあるだろう。



仮面女子、これまでに2回の殺害予告を受けていた!?

仮面女子のメンバーが殺害予告を受けたのは今回が初めてではない。

最初は13年7月、仮面女子の所属ユニット「アリス十番」、立花あんなが「第二の酒鬼薔薇聖斗」を名乗る男から執拗に殺害をほのめかすコメントを寄せられていた。

男は14年2月中旬に逮捕され、「存在を認めてほしかった」と動機を供述している。

次は16年11月、同じくアリス十番、桜雪がファンの男からツイッターで殺害予告を受けている。男はその後に行われたライブに姿を現し、対応したスタッフを負傷させるもその場で逮捕された。

今回で3回目の殺害予告となり、ツイッター上には「また仮面女子に殺害予告か」「仮面女子よく殺害予告出されてんなぁ」と書き込みが多数みられ、日刊スポーツも「仮面女子また殺人予告…神谷えりなに「てめえ殺す」」とのエントリーで記事を配信している。




follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事