トモダチゲームの映画キャスト・フィッシャーズのシルクロード、鬼瓦百太郎の役作りで茶髪だったと明かす(画像、動画あり)

         


俳優の吉沢亮主演で実写ドラマと映画2本が制作される「トモダチゲーム」のキャストでフィッシャーズのシルクロードが5日、チャンネルを更新。昨年12月3日の動画から茶髪にしていたのは自身が演じる鬼瓦百太郎役のためだったと明かした。

トモダチゲームにはシルクロードのほか、フィッシャーズのメンバーであるマサイやンダホも友情出演することが5日、同作品の公式ホームページで発表されている。

スポンサードリンク

【画像】実写映画「トモダチゲーム」キャスト・フィッシャーズのシルクロード、鬼瓦百太郎役で茶髪に染めていたと告白

左:鬼瓦百太郎 右:茶髪のシルクロード

フィッシャーズのシルクロードは「あの騒動についてを説明させていただきます。」のエントリーで動画投稿。

スーツ姿にネクタイを締め、正座で登場したシルクロードは「先日まではですね。髪色を実は茶髪、てか金髪。まあ黒ではなかったんですよね」と茶髪に染めていたことに触れ、「茶髪になったシルクに超厳しい両親はブチ切れるか!?」のエントリーで投稿した動画を紹介。

自身の家は髪の毛を染めたり、ピアスは厳禁であるが、期間限定で染めていたと告白。続けて、5日ツイッターの「急ですが、今日でやめようと思います。」は茶髪をやめるということであったと語った。

当時、茶髪に染めたことに関してさまざまな憶測が飛び交っていたがいずれも真実ではなく、実写映画「トモダチゲーム」出演による役作りのためだったと明かした。

映画出演が決まったときは「通行人役だと思ってた。」としていたが、台本には鬼のように台詞があって驚いたと当時の心境を語った。

自身が演じる鬼瓦百太郎について、「すごいこう、主人公との絡みがあったりとか、いろんなところでこう、キーなっていくキャラだなと思います」と魅力を話す一方、「本当に自分でやって途中で、シルクロードという名前を忘れて僕、百太郎だと思い始めた時もありましたね」と役にはまり過ぎてしまったという制作裏話も語った。

また、フィッシャーズの所属事務所「UUUM」の公式ホームページに掲載されたシルクロードのコメントには、

鬼瓦百太郎に似てなかった部分は髪色だけでした!通行人Aの役以外のをくれてありがとうございます!

とあり、容姿もはまっていたようだ。

トモダチゲームはドラマと映画2本の全3部作となっており、シルクロードは実写ドラマにも出演する。

スポンサードリンク

フィッシャーズ、実写トモダチゲームを動画でもやっていた!?

フィッシャーズは昨年2月20日から26日にわたって、トモダチゲームとのタイアップ動画を投稿している。全7話。

第1話のみフィッシャーズのチャンネルで、2話以降とダイジェスト動画はユーチューブチャンネル「ボンボンTV」に投稿されている。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:ゲーム・アニメ
 

オススメ記事