藤村俊二が若い頃に愛車でやらかしたエピソードがカッコよすぎるww

         


昨日、心不全で死去していたことが発表された俳優の藤村俊二が若い頃に愛車で起こしたエピソードがツイッター上で話題を呼んでいる。

そのエピソードは10年ほど前に出演したダウンタウンDXで自身が明かしたものとなっている。

スポンサードリンク

藤村俊二が若い頃にチンピラの車をクラッシュさせたエピソードがやばいww

当時の番組では、若い頃に駐車場でチンピラの車を後ろから軽くぶつけた事故を語った。藤村俊二はすぐに頭を下げ、謝罪して弁償すると言ったが、チンピラは「追突事故だ」と喚かれたり、罵倒してきたので「いいですか?本当の事故とはこういうものです」などと愛車で全力で突っ込んでクラッシュさせたと明かしていた。

続けて、「私、ミスを認めて謝ってる人にグズグズ言う奴、大嫌いなんですよ…」と一応被害者のチンピラを攻める発言をしたが、MCの浜田雅功は「おヒョイ、かっこええ!」と称賛していたという。

このエピソードは印象的だったということもあり、ツイッター上では類似ツイートが多々見られるとともに「最高にカッコよかった」「感心したよ」「藤村さんらしい」など称賛の声が挙がった。一方、「今だったら叩かれる話だと思う」と現在は炎上の可能性があるとの指摘もみられた。

スポンサードリンク

藤村俊二、愛車も「着こなす」役者だった!?

出展:https://twitter.com/Kentia_00/status/826751954680307712

出展:https://twitter.com/Kentia_00/status/826751954680307712

スーツ姿でノーネクタイ、しわのないシャツに胸元のチーフがよく似合っているが、愛車も着こなしているとツイッター上で話題だ。

「愛車を着こなすってかっこいい表現ですね」

「オールドベンツが似合いすぎますね・・・!」

藤村俊二が乗っているのは1968年型のメルセデス・ベンツ280SL。この愛車に40年以上、乗っていたという。

また、TOKIO「ding-dong」のPVに執事役で出演し、ナンバープレートに「Ohyoi」(オヒョイ)と書かれた黒塗りの高級車のドアを開けるシーンなどに登場していた。

【関連記事】

藤村俊二が亡くなる、閉店したワインバーの思い出が殺到

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:芸能
 

オススメ記事