藤村俊二が亡くなる、閉店したワインバーの思い出が殺到

芸能         


一時期、亡くなる噂があったおヒョイさんこと俳優の藤村俊二が25日に今度は本当に亡くなっていたことが1日、発表された。82歳だった。

訃報を受け、ツイッター上では藤村俊二が経営していたワインバーへ来店したときの思い出を語る書き込みが殺到している。

スポンサードリンク

「とっても素敵なBARでした」

オヒョイズのロゴ(出展:http://ohyois.exblog.jp)

1日午後3時すぎ、藤村俊二の訃報が流れると、ヤフーリアルタイム一覧の上位は「おひょい」「ワタリ」「タナカ」と彼が演じたキャラクターの関連ワードが並んだ。「おひょい」のツイート一覧にはワインバー「オヒョイズ 」(Ohyois) の話題もみられ、当時の思い出を語る書き込みで殺到していた。

「とっても素敵なBARでした」

「何度か行ったけど、気さくで素敵なおじさまだった…」

「カウンターで静かにワインを飲むおヒョイさんの姿を思い出す」

オヒョイズは1996年12月末、東京都港区南青山4にオープン。藤村俊二は仕事で毎日店に立つことはなかったが、実際に現場の経営を行っていた。「レアキャラ」だった彼に会うためにワインバーに通っていた人もおり、ようやく会えたときにティファニーのガラスケースを頂いたという書き込みもみられた。

しかし、オヒョイズは2010年12月末に閉店。14年の歴史に幕を閉じている。

閉店理由は明かされていないが、食べログには藤村俊二の体調を心配する書き込みが複数寄せられていた。

そんな食べログの最終評価は3.04と微妙なもの。低レビューによると、ワインや料理が高い、味が薄いといった不満があったようだ。

また、店は高齢の常連客が大半の大人の隠れ家となっており、自身が店に立ったときは来店したお客全員と言葉を交わすといったことをしていたという。

スポンサードリンク

藤村俊二、笑ゥせぇるすまんでもワインバーのマスターをやっていた!?

バー魔の巣のマスター役を演じる藤村俊二(出展:https://twitter.com/kibanoheya/status/826693908197289985)

来春より「笑ゥせぇるすまんNEW」のタイトルで放送予定の笑ゥせぇるすまんシリーズに藤村俊二は出演していた。

出演していたのは1999年に放送された同作のドラマ。バー魔の巣のマスター役として出演しており、当初は原作通り一切しゃべることはなかったが、後半はしゃべるようになった。

ツイッター上では当時のキャラクターを思い浮かべ、「はまり役でしたね」「印象的だった…」と称賛の声が挙がっている。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事