江角マキコの旦那の平野眞が週刊誌の女性自身にコメントした別居理由ww 引退FAXで浮気相手ではないと否定

芸能         



芸能界引退を発表した江角マキコの旦那の平野眞氏が女性週刊誌「女性自身」でコメント。別居は、浮気相手のことで夫婦喧嘩になったのが理由と明かした。

一方、江角マキコが引退の意向を発表したFAXで語った別居理由は、旦那のコメントと大きく違っていた。

スポンサードリンク

【別居理由】江角マキコ「互いの生活スタイルの違いから」、旦那の平野眞「浮気相手のことで夫婦喧嘩になったから」

女性自身によると、江角マキコは昨年夏ごろから旦那ではない男性と都内の高級マンションで密会。

浮気相手の正体は布袋寅奏やGAKCT、そして、江角マキコも被害にあった投資詐欺事件を起こしたとして、昨年8月に逮捕された投資コンサルタント会社の社長ら男5人のうちの1人。男は金融商品取締法違反の罪で起訴され、昨年12月に有罪判決を受けている。

江角マキコは当時、この投資詐欺グループに出資していた知人の芸能人を通じて、4年前ほどに男を紹介された。

浮気相手の逮捕を受けても「(男は)そんな人じゃない」と現実逃避したり、14年末に浮気相手と江角の両家族で北海道へスキー旅行に出かけた際、旅行中に2人で姿を消していた。

これまでも嘘をついて外泊などしており、今回のことで我慢の限界を迎えた平野眞氏は家族旅行から帰ると、男と浮気しているのかと問い詰めた。すると、江角マキコは逆上し、子供達のことを考えると家を出るしかないとし、15年1月に別居したとコメントしている。

最初はホテルを転々していたが、後に一人暮らしを開始。別居後は会っていないが、子供達や当時、週刊誌に追いかけられていた江角マキコから「子供たちに迷惑がかかるから何も話さないで」と連絡が来たという。

また、江角マキコは引退FAXで、別居理由に互いの生活スタイルの違いから同居が困難になったことを挙げ、旦那との離婚予定はないと発表。そして、男とは家族ぐるみのお付き合いがある友人関係で、浮気相手などではないと否定した。

平野眞氏も夫婦関係を取り戻すことを望んでおり、「とにかく子供たちのためにも、一刻も早く目を覚ましてほしいと」と同誌に吐露している。

スポンサードリンク

江角マキコの投資事件で逮捕された浮気相手は誰?

当時、逮捕されたのはクエストキャピタルマネージメント社長の松井直幸容疑者(当時47)とほか男4人となっている。

ネット上では、松井容疑者が江角マキコの浮気相手とされているが、女性自身は「社長とともに逮捕されたのがA氏なのだ」と伝えており、社長の松井容疑者は当てはまらない。

女性自身によると、A氏は同社の業務に関連して、関東財務局から警告を受け、同局のHPに実名も掲載されているという。

そこで、松井直幸の名前を同局HPで検索してみると、「警告書の発出を行った適格機関投資家等特例業務届出者について(クエストキャピタルマネージメント有限会社)」というものが検査結果にヒットした。これを見てみると、松井容疑者のほかに大和久茂則、玉田宏、池田崇宏、伊藤直人の男4人の名前がみられた。

この中に江角マキコの浮気相手がいると思われるが、伊藤直人はグローバルエコシス株式会社社長なので、可能性は低いだろう。

もう1つの手がかりとして、A氏は世界最高価格クラスの高級車「マイバッハ」を運転手付きで乗り回していたと女性自身が伝えている。

A氏は高級車好きと思われ、3人の中にそういった人物がいたのか調べてみたら、大和久茂則が当てはまった。

大和久茂則の高級車の話は、被害者のGACKTが大いに関心を示し、酒席をともにしたり、誕生会にも呼ばれていたと昨年9月に週刊新潮が報道。さらに詐欺被害速報で、「(大和久茂則に)家族がいるのも確認しています」とコメントされており、可能性は高いと思われる。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事