ANRIこと坂口杏里の2作目「By KING」、DMMランキング上位獲得 現在も人気は継続か

芸能         


セクシー女優に転身したANRIこと坂口杏里の2作目「By KING」がセクシービデオメーカー「MOODYZ」から発売されることが13日、発表された。

発表からまもなく、DMMランキングで上位入賞を獲得。ANRIの人気は現在も続いていることを結果で示した。

スポンサードリンク

ANRIこと坂口杏里の2作目「By KING」、DMMランキング上位獲得

ANRIの2作目「By KING」は13日と14日のDMM日間DVDランキングでDVD版が2位、Blu-ray版が3位をそれぞれ獲得した。

同作はセクシービデオメーカー「MOODYZ」から2月14日に発売。1作目「ANRI What a day!!」より収録時間が10分長い180分で、前作以上に過激な内容となっている。

さらに数量限定で、ANRIのバレンタインカードが付いてくる。このバレンタインカードは複数の種類があるのかは現時点で不明だが、ファンなら確実に抑えたいところだ。

ANRIは1作目「ANRI What a day!!」がDMM2016年下半期DVDランキングで2位、セクシー女優としても3位をそれぞれ獲得している。

スポンサードリンク

ANRIこと坂口杏里の2作目、昨年11月現在までは予定なかった

ANRIは昨年10月中旬にもファンから次回作の有無を問われ「ないと思うよ」と返信。2作目は絶望的と思われていたが、まさかの決定となった。

これに関してANRIは13日、「皆さん、実はずっと2作目の事隠しててごめんなさい」とツイート。「ずっと」と言うことは少なくとも、昨年12月には「MOODYZ」で撮影することが決定していたと思われるが、事務所の関係で報告が遅れたということだろうか。

2作目の決定でファンから応援コメントが寄せられる一方、小峠を利用し続けることについて批判の声も挙がっている。

ANRIは昨年12月末のミヤネ屋で自身の映像を勝手に流されたことに対し、「すごく迷惑」とコメント。しかし、自身は小峠のネタ「なんて日だ!」を英語にした「what a day!!」で1作目、小峠のコンビ名「バイきんぐ」を英語にした「By KING」で2作目と勝手にデビューしている。

母親の遺産をホストに使い込んだ挙句、小峠を利用し、売名&セクシー女優デビュー。でも、自身の映像は勝手に使うなとわがままが過ぎるANRIは今後も人気が続くのか気になるところだ。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事