【ネタバレ】漫画「金田一37歳の事件簿」登場人物の職業がヤバい!金田一はリーマンに対し美雪は何とwwww

【ネタバレ】漫画「金田一37歳の事件簿」登場人物の職業がヤバい!金田一はリーマンに対し美雪は何とwwww

人気推理漫画「金田一少年の事件簿」の登場人物が大人になった新連載「金田一37歳の事件簿」が、漫画誌「イブニング」4月号でスタートした。

あれから20年の時を経て、37歳になった金田一一。しかし職業は探偵ではなく、しがないサラリーマン。その一方で幼馴染の七瀬美雪はエリート街道を歩んでいた。

スポンサードリンク

【ネタバレ】漫画「金田一37歳の事件簿」の概要

▼「金田一少年の事件簿」から引き続き、天樹征丸(原作・原案)&さとうふみや(作画)のコンビ

▼メインキャラクターのビジュアル

1.金田一一。PR会社「音羽ブラック」主任。名前からしてブラック企業感がヤバい!

2.佐々木竜二。大手映像制作会社課長。勝ち組人生を歩んでいる

3.村上草太。こちらも課長なうえ既婚子持ちのリア充になっている

美雪のビジュアルはないものの、今や世界の空を飛び回る大手航空会社のチーフーパーサー(CAのリーダー)と語られている。

▼ストーリーネタバレ

音羽ブラックの「伊豆沖の孤島リゾート」オープニングイベント企画を任されることになった金田一。そこは三度にわたって殺人事件が起きた‟いわくつきの島”だった。この島に後輩の葉山まりん(23)と同行することになり、にやける一方で、不安を募らせている。

金田一は「大丈夫・・・何も起こりゃしないさ・・・!何も・・・」と呟くが、完全にフラグでしかない。

▼舞台は「金田一少年の事件簿」でのオペラ座館3部作が起きた場所

オペラ座館3部作の詳細はこちら→https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/tag/オペラ座館3部作

この話題に対し、ネット上では以下のようなコメントが寄せられている。

「堂本剛でドラマ化する気か?」

「爺ちゃんになりかけてw」

「会社の殺人犯が凄い数になりそう

「佐木すごい出世してるじゃん」

「少年の方は終わってたのか」

「この年でみゆきと結婚してなかったらふたりは結ばれてないってことだよね…なんか切ない」

「実写するんだったら剣持警部どうするかな」

「高遠どうすんだよ」

「キメ台詞はまだじっちゃん言うの」

「才能活かして警察か探偵やってんじゃないのかガッカリ」

スポンサードリンク