【はれのひ騒動】読売新聞「横浜市が成人式やり直しを検討してるってよ!」←デマでした

【はれのひ騒動】読売新聞「横浜市が成人式やり直しを検討してるってよ!」←デマでした

はれのひ株式会社の店舗が閉鎖され、多くの新成人が振袖を着られなかった騒動で、横浜市が成人式やり直しを検討していると読売新聞(1月11日配信)が報じた。しかし、この報道は事実無根のデマであることが、わかった。

スポンサードリンク

【はれのひ騒動】読売新聞の報道

 着物販売レンタルの「はれのひ」(本部・横浜市中区)の店舗が閉鎖され、多くの新成人が振り袖を着られなかった問題で、横浜市が、被害を受けた新成人を対象にした式典の開催を検討していることがわかった。

 市によると、8日に同市港北区の横浜アリーナで開催された成人式には新成人約2万4000人が出席。はれのひに着付けを頼んでいた人が少なくとも200人以上おり、そのうち100人以上が振り袖を着られず、式への参加をあきらめた人も多かった。

 被害者の一部は、成人式当日に振り袖を受け取ることになっていたが、同社の店舗は現在も閉鎖されている。すぐに振り袖を用意できない新成人もいることから、市は今後、被害者の意向を確認した上で、開催時期や会場について検討する

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180111-OYT1T50000.html?from=y10

この記事は、読売オンライン上で30分:1位、24時間:2位、ヤフーニュース上のアクセスランキング「国内」で9位、コメントランキング「ニュース総合」2位と、大きな注目を集めている(いずれも11日午後2時現在)。

しかし、この記事は事実無根のデマであることが、別のニュースサイトで報じられた。

スポンサードリンク

【はれのひ騒動】Net IB News、読売新聞の記事は事実無根と報道

 11日、読売新聞は「横浜市 成人式やり直しも」と題した記事を掲載した。内容は横浜市が被害を受けた一部の新成人のため、成人式のやり直しを検討しているというものだった。

 ところが成人式を所管する横浜市教育委員会に取材してみると、「そのような事実はない」と当惑を隠せない様子。横浜市教委の担当者は読売新聞の取材を受けたことは認めたものの、「現状では(新成人の)被害の把握に努めている段階。市として何をできるか、何かするかどうかも含めて未定」と明言。「読売新聞の記事を見て驚いている」のが本当のところだという。

 先走った報道にならないことを祈るが、なによりも被害を受けた新成人にぬか喜びさせるようなことがあってはいけない。

http://www.data-max.co.jp/300111_dm1771_2/

この話題に対し、ネット上では以下のようなコメントが寄せられている。

「じゃ 何処から出てきた話なんだろうな マスコミもいい加減だな」

「まーたマスゴミのフェイクニュースか」

「嘘記事書いて、そういう流れにしようと企んだか?」

「やり直しのニュース広めた奴悪質だなあwまあそら税金多額に使う話なんだからそうポンポンやり直しなんて出来んわな」

「ネット上のフェイクニュースをさんざん批判してたマスゴミども 実害が出そうなおいしいエサだぞたらふく食えや」

「読売新聞が金出してやれよ 東京ドームに被害者関係なく入れたら来やすいだろ」

「読売、なんか最近おかしいぞ お医者さんで見てもらえ」

「おかしいと思った。こんな理由で税金でもう一回なんてあり得ない。 」

「はれのひ」全ての記事

スポンサードリンク