梅田の喧嘩動画がやばい!? 加害男性は「格闘技をやってそう」との指摘も

         


大阪・梅田駅で27日午後11時40分ごろ、男性同士の喧嘩が発生し、その様子を撮影した動画が拡散されている。



梅田の喧嘩動画

▼会社員風の男性同士が向き合う。喧嘩か?

▼次の瞬間、赤ネクタイの男性が右ストレート!

▼殴られた男性は壁にぶつかり、仰向けに倒れて動かなくなってしまう。やっちまったのか・・・?

▼追撃しようとする赤ネクタイの男性に帽子の男性が止めに入る

▼さらに白髪の男性も駆け寄るが、それ以外の通行人は見て見ぬふり。清掃員までスルーするとは・・・

▼通行人のマスク男性、強キャラ扱いされてしまう

この話題に対し、ツイッター上では以下のようなコメントが寄せられている。

「いやいや、なんで殴ったとこ撮れてるの…喧嘩してるなら撮るより止めろよw 殴ったやつよりたち悪い」

「16の女子は駅員さんや警察を呼ぶという発想は出来ないもんですかね…?それくらいの事なら誰でも出来ると思うのですが…」

「動画撮ってないで通報しろとか駅員呼べっていうのは分からなくもないけど証拠残すのは大事やからね。けどそれをTwitterに載せるのはよくわからんわ」

「女の子一人中に入っても自分が殴られるかもしれんやん、止めろっていってるやつなんなん?」

「あまりに酷い喧嘩なら次からは動画撮らずに、警察に通報した方がいいですよ。被害者になる」

「やばいのは動画撮るだけのアナタでは?」

「関係ない人が仲裁入るあたりある意味治安いい」



梅田の加害男性は、ボクシングをやっていた?

もし、本当にボクシングをやっていたとしたら、これほど愚かなことはないだろう。自分の商売道具を喧嘩なんかに使うのはボクサーの風上にもおけない。

とは言え、何もしていない男性に突然殴りかかったとも考えにくい。動画は途中から撮影されており、この前後に何かがあったと思われる。




follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事