【文春】白石隆浩容疑者、アルバイトでAV出演していた お相手は当時の超人気女優【座間市アパート殺人事件】

         


座間市アパート殺人事件の犯人である白石隆浩容疑者について、週刊文春(11月9日発売)が衝撃事実を報じた。



白石隆浩容疑者&被害者の文春報道【座間市アパート殺人事件】

・白石隆浩容疑者の父親は、日産リーフなどの電気自動車の充電に使われるコネクタの設計士

・神奈川県立商工高校の国際経済科という女子の多いクラスで、“座間石”というあだ名で呼ばれていた。市内のホームセンターでアルバイトしていた

・妹は名門私立大の附属高校出身。白石隆浩容疑者は高校卒業後、大手スーパーに。配属先はパン屋

・2年前にアルバイトでAV出演していた。お相手は当時の超人気女優で、屋上にプールがあるスタジオで撮っていた

・背が高い女性がタイプで「芸能人で言うと菜々緒が好き」と話していた

・今年1月の逮捕後、スカウト業から足を洗い、自宅近くの食品物流倉庫でアルバイトを開始したが、二か月ともたず退職した

・シーバスハイムの所有者は、ボクシングのWBOスーパーフライ級世界王者・井上尚弥の父親・真吾さん

・高2のときに運動部のイケメンに肩パンを食らい、それで人生が嫌になって自殺願望を抱くようになった

・ホストをしていたときにキャバクラの女性を埋めたと話していた。殺害したのは他人で、埋めたのは自分とのこと

・被害者の1人とみられる神奈川県横浜市の女性(25)は、高校卒業後から約7年間、引きこもり生活を送っていた。しかし、今年の4月からコンビニでアルバイトを始めていた。母親曰く「大人しく、友達付き合いが得意ではない」

・福島市に住む高校3年の女子生徒の両親は4月に離婚し、母親と暮らしていた

・さいたま市に住む高校2年の女子生徒は、小学校の頃からネットに強く「ニコ生」をよく観ていた。三次元のイケメン俳優より、深夜アニメのキャラが好きなタイプ。また、腕にいくつもの痣を作って登校してきたこともあった

・埼玉県所沢市の女子大生は、休み時間に一人で活字の本を読んでいる大人しい子。小学校の時は学者を夢見ており、名門私立高校に進学したらしい

・最後の被害者・田村愛子さんは幼少期、父親の家庭内暴力から逃れるように、母親と兄の3人で山梨県甲州市に転居した



白石隆浩容疑者が共演したAV女優は麻生希!?【座間市アパート殺人事件】

▼麻生希の作品に白石隆浩容疑者が無修正で出演しているらしい

▼白石隆浩容疑者のスカウト会社と麻生希の事務所の社名が合致

AV女優の麻生希

「座間市アパート遺体事件」全ての記事




follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事