座間市複数遺体事件の犯人・白石隆浩の元交際相手が同棲当時の“とんでも”エピソードを告白

         


座間市複数遺体事件の犯人である白石隆浩の元交際相手が、同棲していたときのエピソードをYouTuberのコレコレに語った。

スポンサードリンク

白石隆浩の元交際相手「部屋に女性の私物が大量に散乱していた」「風呂掃除で激怒された」【座間市複数遺体事件の犯人】

・白石隆浩と元交際相手は出会いアプリ「ぎゃるる!」にて出会った。当時、白石隆浩は夜の求人を募集しており、元交際相手は仕事を紹介してもらうため会うことになった。しかし実際に仕事の話は一切なく、食事に行っただけだった

・元交際相手は当時、家出をしており、行く当てもなかったが、白石隆浩に「仕事が見つかるまで家に居ていいよ」と言われ、2015年冬から同棲開始。この3~4日に突然、白石隆浩から「付き合いたい」と告白され、すでに肉体関係もあり、告白を受け入れた

・一方、元交際相手は白石隆浩に内緒で、別のスカウト会社で働いていた

・白石隆浩の部屋には女性の私物が大量に散乱していた。中には女学生のものと思われる教科書や学生証、靴まであった(白石隆浩は出稼ぎに行った女性の私物を預かっているだけと話していた)。この部屋は池袋にあり、駅から近いという

・今年9月に歌舞伎町のスカウト会社「ナチュラル」の関係者が訪ねてきて、白石隆浩が勤務していたスカウト会社「EXCELLENT」が潰れたと聞かされた

・白石隆浩はスカウトした女性の陰口を度々元交際相手に漏らしており、これが2016年夏に別れる原因となった

・同棲当時、元交際相手は風呂掃除をしたが、外側を洗っておらず、白石隆浩に激怒された。この風呂場はかなり汚く、いつも銭湯に行くほどだった

・白石隆浩宅の炊飯器にはいつも、納豆・豆腐・卵が入っており、これを炊飯器で炊いて食べていた。「いつも気持ち悪い」と漏らしていた

・白石隆浩は顎を整形したと報じられているが、実際に顎を触ってみたところ、普通の顎だった。それより目を整形したいと言っていた

・白石隆浩の履歴書の職歴に「パン屋」があった

・白石隆浩は語尾に「ンゴww」をつけて喋っていた(なんJ民確定?)

白石隆浩の元交際相手のツイッター

注目すべきは「部屋に女性の私物が大量に散乱していた」「風呂掃除で激怒」「語尾に『ンゴwww』をつけて喋っていた」の3点。特に「語尾に『ンゴwww』をつけて喋っていた」は先日、当サイトでも紹介した白石隆浩のものと思われる書き込みとマッチしている(問題の書き込みは2chのなんJスレにみられた)。

白石隆浩の元交際相手は、フジテレビで独占取材を受けており、この取材内容が本日昼に報道されるという。

スポンサードリンク

【追記】白石隆浩の元交際相手、バイキングでも告白!【座間市複数遺体事件の犯人】

・仕事はスカウトと言っていたが、具体的に何をしているのか、どこの事務所なのか教えてくれなかった

・合鍵は作っておらず、一緒に出掛けない限り、ずっと家に居た。「外に出ないで」とも言われていた

・交際当初は優しかったが、風呂掃除の件で激怒したときは、しばらく口を聞いてもらえなかった

「座間市アパート遺体事件」全ての記事

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事