懐風館高校の教頭が天パーで白髪でハゲかかってるけど、生徒に黒髪強要する前に自分は直さなくていいの?

         


生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるよう、学校から繰り返し強要され、不登校になったとして、大阪府を提訴した問題について、女子生徒が通う懐風館高校の高橋雅彦教頭が、顔出しでコメントした。

これに対し、ツイッター上では教頭の容姿を指摘する声が寄せられている。

スポンサードリンク

【確かに】渡部真「懐風館高校の教頭がクルっとした髪型で白髪でハゲかかってるんだが、学生に強要する前に、この教頭はストパーかけて、黒染めして、増毛させなくて良いのか?」

問題の女子生徒は、生まれつき茶色っぽい髪を指導され、頭皮の痛みやかぶれに耐え、髪がボロボロになろうが黒染めしようとした。ここまで強要したのだから、当然上に立つ教師も黒髪ストレートに直してくる必要がある。「遺伝で天パー」「歳のせいでハゲてきた」という言い訳は通用しない。

また、「ヒゲが青い。消してこい」「シミも消してこい」「ネクタイをつけろ。シャツのボタンも閉めろ」などとの指摘も寄せられている。これらを直さないのなら学校に来るべきではないだろう。

生徒に厳しく、自分に甘いのは教育者としてどうなのか。他人に強要する前に、まずは自分の身なりを正すべきだ。

「懐風館高校」全ての記事

スポンサードリンク



follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事